【追加情報】ETC利用照会サービスをかたる偽メール
2021.09.20

本サイト記事(9月18日)で取り上げた「ETCカードが一時停止されました」などの件名を用いた詐欺メールとは別に、「ETCサービスご利用者様へ大切なお知らせ」と称したタイプも確認されているため、改めて注意喚起します。

  ― フィッシングメールの差出人と件名 ―



尚、この詐欺メールでは差出人がETC利用照会サービスの正規メールアドレスとは異なる他、トップレベルドメインが中国のものとなっているため、注意深く見れば怪しいとわかります。

しかし、件名だけを見てフィッシングサイトへ誘導されてしまうと、個人情報やクレジットカード情報を盗まれてしまう可能性がありますので十分に注意してください。

         ― ETC利用照会サービスを装うフィッシングメールの文面 ―


メール本文では、

“ この度はETCサービスをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
近いうちに弊社はシステムをアップグレードの予定です。ETCアカウントにアカウントリマインダーリスクが検出されました。ETC決済方法を再確認ください。
このサービスを継続希望の場合は、下記のリンクをクリックして詳細をご確認ください。 ”

となっており、《ここをクリックして検証して下さい》という文字リンクが貼られています。

これをクリックしてしまうと、偽のETC利用照会サービスログイン画面が表示され、メールアドレスや携帯電話番号などの入力を求めてきます。

その後は《支払方法は無効》と表示され、《支払方法を更新する》をクリックさせて個人情報やクレジットカード情報を抜き取る画面へ進みます。

詐欺メールには、 “ 残念ながら、24時間以内に確認できなければ、 お客様のアカウントをロックしてETCサービスを一時的に無効に変更することをお知らせします。 ” などと記載されており、対応しないとETCカードが使えなくなるのでは!?という心理的圧迫を狙っています。

こうした文面に慌てず、パソコンやスマホで新しくブラウザを立ち上げ、正規のETC利用照会サービスにログインしてアカウント情報を確認するなど、冷静な対応が必要です。

新着情報一覧

▲ページのトップへ