【行政処分】トイレ・水回り修理の「水道屋本舗」
2021.08.31

消費者庁は31日、トイレの詰まりやキッチン、お風呂、洗面所などの水回りトラブルのレスキューサービス「水道屋本舗」を運営する株式会社アクアライン(広島県広島市中区上八丁堀)に対し、特定商取引法違反により9ヵ月の業務停止命令等の行政処分を行いました。

               ― アクアライン社のWebサイトより ―


アクアライン社は自社Webサイト等に見積り無料などと掲載して集客し、見積依頼をした消費者宅を訪問して高額な役務提供契約を締結していました。

さらにクーリング・オフ制度は適用できないなどとウソをついて契約解除を妨げるなど、不実のことを告げる行為(特定商取引法第6条第1項)を行っていました。

        ― LP(ローカルプレイス)を利用した水道屋本舗の広告 ―


「水道屋本舗」はオウンドメディアのCMSサービス「locLPlace(ローカルプレイス)」を利用して全国各地でサービス展開しており、「お見積り無料」や「点検無料」と表示してして診てもらうだけならタダ(無料)という印象を与えています。

また950円(税込)と大きく表示して、あたかも水漏れ修理水道工事の金額と誤認させかねない表示(実際は出張料金)しているほか、各種プランの金額も数千円から1万円台と表示しているにもかかわらず、実際にはさまざまな理由をつけて20万円から30万円以上の高額契約を勧誘していました。

           ― 表示された料金プラン~実際には数十万円の請求も ―


【水道本舗の悪質勧誘事例】
(事例1)トイレの詰まりは便器一式を交換しないと主張する
 アクアライン社の従業員は消費者に対して以下の内容を告げた。

 「水の流れが悪くなっているのは、電気系統の部品の故障が原因ですね」
 「このトイレは、10年以上前のトイレで、製造中止になっています。交換部
  品があるかどうかを、これから確認します」
 「部品は製造終了していて、在庫もないので、修理はできません。トイレ一式を全部交換する
  しかないですね」
 「トイレ一式を交換するのであれば、先ほどの便器脱着工事の代金はいただきません」

➡ しかし、実際には消費者宅のトイレの不具合を修繕するための部品の製造は終了しておらず、トイレ一式を取り替える必要はありませんでした。

(事例2)クーリング・オフはできないと主張する
 アクアライン社の従業員はクーリング・オフを申し出た消費者に電話で以下の内容を告げた。

 「材料はすでに発注済みなので、材料費だけでも払ってもらえませんか」
 「では、材料費はいりません。でも、カランのお金は払ってもらいます」
 「見積書の裏にクーリング・オフができないと書いてるやろ」
 「消費生活センターに相談してもかめへん。クーリング・オフができないことに変わりない」
 「私の誠意はどうなるんですか」
 「うちには、クーリング・オフはありません」
 「これからお宅に行かせてもらおか」

➡ 本件役務提供契約はクーリング・オフ制度の対象であり、8日以内に消費者がクーリング・オフを申し出た場合、契約は解除できます。


【無料見積り、無料点検に注意】
悪質訪問業者の特徴として、「無料見積り」や「無料点検」を口実に家に上がり込み、ウソを言ったり居据わるなどして無理やり契約に持ち込むケースが目立ちます。

「無料」と言われても(表示されていても)、その他にどういった費用がかかるのか、また契約を迫られてもその場で契約してしまわないよう注意が必要です。


【水回りトラブルサービスはクーリング・オフできます】

「見積り」「点検」のために消費者がアクアライン社の従業員を自宅へ呼んでいるにも関わらず、実際には修理や部品交換といった役務提供業務の契約を結んでいるため、アクアライン社の従業員による契約のクーリング・オフはできないとの主張は認められません。

ただし、消費者自ら「トイレの詰まりを修理してほしい」という内容で業者を自宅へ呼んでいる場合、そこで締結された契約はクーリング・オフの対象外となる可能性があるため注意が必要です。

ただし、数千円程度との認識でいたのに、思いのほか高額な契約を結んでしまったというような場合には、クーリング・オフが認められます。

いずれにしても、契約書面を受け取った日から8日間以内に書面で(ハガキでも何でも良い)相手方に契約解除(クーリング・オフ)の意思を伝えれば、無条件で契約解除をすることができます。

クーリング・オフのやり方については、最寄りの消費生活センターに相談すれば対応してもらえますので、泣き寝入りせずに消費者ホットライン(188)に電話してください。

尚、詐欺防止ネットワークでは会員様向けにクーリング・オフ通知の代行、業者への連絡代行等、こうした被害に遭ってしまった場合の対応も行っております。


新着情報一覧

▲ページのトップへ